買い物時のビニール袋

ビニール袋白

このごろはエコ志向のためか、買い物のときもマイバックが定着しつつあります。

ですが、お店で商品を入れてくれるビニール袋ほど使い勝手が良いものはないと常々思っています。例えばゴミを捨てる時、資源ゴミなどは指定のゴミ袋にためておけますが、生ゴミはそうもいっていられません。水分は出てくるし、それに特に夏場はためておくとにおいもひどくなってきます。

衛生的にもあまり良いものとはいえません。そのような時、買い物時のビニール袋があればそれらを小分けにする事ができます。その日の分はそのビニール袋一つにまとめて封をする。そして指定のゴミ袋に入れる。そうする事でにおいと衛生面が守られます。
出掛けたときもあのビニール袋はゴミ入れ、あるいはちょっとした小物を入れておくのに非常に便利です。

ちなみに、スーパーなどにあるレジ袋は買い物用のビニール袋はこちらで、オリジナルにものが作れたりしますので、皆さんでフリマやお店をされる際は、おしゃれなデザインの袋を作れば、使い捨てなんてことにはならないので、ぜひ検討してみてください。

また子供の学校での行事に参加する時、いまはマイスリッパがほとんどです。たしかに専用のスリッパ袋をもつというのはおしゃれですが、あのビニール袋の大きさはちょうど一人分の履物が入る大きさです。時に袋をなくしてしまったとしても専用のものならもったいないという思いがしてしまいますが、貰ったビニール袋ならまあ仕方がないと納得する事もできます。

使われているビニール袋の厚さで、それらのお店がどの辺りでコストカットをしているのかそのような事も感じられます。たかがビニール袋かもしれませんがそれを通して人々の価値観等も感じられるといえるのかもしれません。

ところで、その辺に不法に捨てられていたりするお店のビニール袋は景観的にもあまりほめられたものではありません。割り箸がはみ出ていたり、中にはしっかりと閉じられていない事でカラスや野良猫たちがそれらから残飯を取り出したりして周りが汚れているのを目にする事があります。ですがそれはビニール袋が悪いというよりは、それをどのように使っているのか、使う側の問題の方が多くあるような気がします。
あのビニール袋、それは私たちの社会を映し出す鏡のようなものなのかも知れません。

気付くと溜まるビニール袋の様々な用途

ビニール袋猫

スーパーでは袋を有料にする取り組みのおかげで、エコバッグを持参して買い物する方が増えてきましたが、まだまだ身近なところ、例えばコンビニやドラッグストア、お弁当屋さんなどでは何も言わないと無料のビニール袋に商品を入れてくれます。わざわざ断るのもなんだか気恥ずかしいし……と思っている間にあれよあれよと溜まるビニール袋。しかもゴミ袋として利用するには中途半端な大きさ・形であることがほとんどなので、特にこれらのお店を利用する機会の多い一人暮らしの方は、捨てるしかないかと思われがちかと思います。

しかし体裁を気にしないような場面では、意外とこれらのビニール袋が役立つこともあるのです。

まず、ゴミ箱に設置するのとは違う、ゴミを小分けする用の一時ゴミ袋として。調理中に戸棚の取っ手にフックでもつけて引掛けておき、皮や種や包装をそのまま捨て、あとは縛って燃えるゴミの袋へ。こうすることで二重になるわけですから、水分が漏れたり臭いが広がるのを軽減することができます。
濡れたものを入れるという意味では、急な雨の時に、店内で折り畳み傘を鞄にしまう際、ビニール袋で包んでしまうのも手かもしれません。湿って嫌な臭いがついても元々捨てるもののため、それほど良心も痛みません。

次に掃除の場面でもビニール袋は役立ちます。排水溝の掃除をする時など、ゴム手袋代わりに手にはめて、そのまま髪の毛や排水溝シールを包んでしまえば良いのです。あとは裏返してこれも捨てるだけですから、素手で水垢を触らずに済みます。ただし洗浄剤の中にはビニールを溶かすようなものもありますから注意が必要かもしれません。
同じく掃除、今度は床掃除の場面では、これも手袋のようにはめても構いませんし、あとはくしゃくしゃに丸めて思いきり静電気を発生させたものを用意し、落ちている埃や髪の毛を絡めとれば簡便なモップ代わりとしても使うことができます。
このように家事の場面で、小さくて処理に困るビニール袋を、捨てる前にもう一度利用することができるのです。

家事に役立つコロコロビニール袋

ビニール袋1

スーパーでコロコロと引き出すビニール袋を凄い勢いで取って持って帰っている人っていますよね。
「あれをするようになるとおばさんの仲間入り」といった感じなので、私は、買い物が少ない時は1枚、
たくさん買い物をした時は3枚もらって帰るようにしています。主婦にはなかなか役に立つグッズ
だからです。

私はかなりの心配性なので、ご飯作りは早め早めに行います。
お味噌汁の具は、2、3日分用意して野菜ケースに入れています。大根やキャベツなどの野菜を切って、
空になった豆腐容器を受け皿にした小さなざるに入れておきます。そのサイズだとラップを被せなくても、
コロコロビニール袋がすっぽり入ります。それを輪ゴムで留めておくと、野菜ケースで傾いてもこぼれる
心配がありません。

他には、明日サラダやお好み焼きを作ろうかな、と思ったら、心配なので前の日にキャベツを千切りして
おきます。水に漬けると傷むような気がするので、乾いたまな板と包丁で千切りし、コロコロビニール袋に
入れておきます。次の日に、大きなざるで千切りしたキャベツを洗って使います。

子供のお弁当作りも心配なので、ハンバーグやフライも一度にたくさん作って冷凍しています。2、3個
ずつラップでくるんで、空になって洗っておいたお肉のトレイに並べ、それをコロコロビニール袋に入れて
輪ゴムをします。

このように料理で使い終わったビニール袋はすぐに捨てず、お風呂掃除で出た髪の毛を入れたり、玄関や
ベランダを掃いたゴミを入れたり、掃除に使います。

子供が赤ちゃんの頃は、出かける際、オムツ換えは絶対に必要です。そのはずしたオムツを入れておくにも
このビニール袋は必需品でした。周りのママさんもほとんどがコロコロビニール袋を使っていたと思います。

このように私にとってはかなりの必須アイテムです。主婦は色々使い道がありそうですが、時々、おばさんに
負けないぐらいの勢いで引き出しているおじさんを見かけますが、いったい何に使っているのでしょうか?

万能!使い方色々なビニール袋!

小さい頃は、何か物を入れたりするくらいしか使い道を知らなかったビニール袋ですが、今は色々な使い方でビニール袋が大活躍しています!

まず、身近なところでは、料理の際によく使います。
例えば、天ぷらや唐揚げ、生姜焼きなど、ころもやタレを食材にからめたいとき。
透明の普通のビニール袋に調味料や材料をいれて、からめたい食材を入れます。

そして、しばらくもんだり漬けたりするだけ!

何が良いって、道具もいらないし手も汚れないんです。しかも、ボウルなどでやるよりもまんべんなく食材にまぶせるので馴染みが良く、美味しく仕上がるような気がします。

また、ピクルスや漬物にもビニール袋は大活躍!
このときは、少し厚めのビニール袋が良いですが、材料を全部入れてビニール袋の口は、空気が入らないようにしっかり100均などに売ってるお菓子の袋を留めるクリップなどで止めれば、完了!
あとは、冷蔵庫で漬け置きするだけです。
この方法の良いところは、容器で作ると液の匂いが染み付いてしまいやすいですが、ビニール袋なので使い捨てができること!
衛生面でも、使い捨てなので安心です。

お菓子作りの時も、ホイップクリームや、デコレーションに便利!
厚めのビニール袋の角っこを必要な分カットしたらオリジナルの絞り袋になります。

料理以外でも、ビニール袋の用途はたくさん!
小さい子供がいる場合は、ビニール袋に空気を入れてボールにしてあげると軽いので、ふわふわ浮いて喜びます。
また、赤ちゃんにはただ持たせるだけでクシャクシャ音が鳴るので良いおもちゃになります。

外出する時は必ずカバンのなかにビニール袋を1つ入れて持ち歩いています。あるとかなり便利で、ゴミ袋になったり、雨が降った日には濡れた靴下をいれたり、エコバッグの代わりにもなります。
持ち歩くときの袋は、なるべく万が一見られても良い綺麗な状態のビニール袋を選んでいます。そのためにも、保管はたたんで綺麗に。

ビニール袋は助かる生活用品です!

ビニール袋のいろいろな利用法

ビニール袋は、いろいろな利用方法で役に立っています。

袋の厚さにもよりますが、かなり厚手のものであれば、重たいものを入れて運んでも破れにくいです。
ビニール袋は、一般的にごみ袋として利用されていることが多いですが、他にもいろいろな利用方法があります。

例えば、雨の日にかばんなどが濡れそうになったら、ビニール袋に入れれば、濡れる心配がなくなります。
ビニール袋は水に濡れても、中の物が濡れないので安心です。

徒歩の人や、特に自転車やバイクの乗っている人は、そういう使い方をしている人も少なくないと思います。

他にも、雨具の代わりにもなります。
頭の部分だけ切って、ビニール袋をかぶって着れば、雨合羽としても使えます。
急に雨が降ってきて、雨具がないときでも、これは役に立ちますね。

それに、保温効果もあるので、寒いときにも役立ちます。
これは災害時や緊急時など、物がない時にも役に立つ方法です。

さらに、袋を切れば、ビニール風呂敷のように一枚布で使用することもできます。
もちろん、何かを包むのにも便利です。
他にも、仮設のカーテンや間仕切りなどにも使えるでしょう。

さらに、カラフルな色のビニール袋であれば、部屋を飾るのに使えそうですね。
自由な大きさに切ったり、貼ったりすることもできます。
個性的な部屋のデザインにすることもでき、楽しめますね。

カラフルなビニール袋は、いろいろな衣装を作る時にも役に立ちます。
自分だけのオリジナルの衣装が作れると楽しいですね。

このように、ビニール袋は、物を入れる袋として使う他にも、いろいろな場面で、さまざまな利用方法で使える大変便利な道具です。
特に、災害時ではいろいろなものを代用してくれます。
災害時には特に、役に立つビニール袋を常に用意しておきたいものです。

ビニール袋は使用方法の無限の可能性を秘めていると思います。
私は、今後もビニール袋をいろいろな方法で、また、さまざまなアイデアで活用していきたいと思っています。

WordPress Themes